ブログ

ブログ

在宅ワークで肩こり・腰痛が辛い方におススメ呼吸法

新型コロナウイルスの感染拡大でテレワークを導入する企業が増えています。

在宅ワークで運動不足になったり、
1日座りっぱなしで仕事をして、腰痛や肩こりなど身体の不調を感じていませんか?

普段意識しなくてもできている「呼吸」ですが、
知らず知らずのうちに浅い呼吸になっています。

呼吸が浅いと、横隔膜が動きづらく酸素を十分に取り込めません。
すると、血液中の酸素濃度が低下し、筋肉が血行不良に陥って緊張し、
疲労物質が蓄積して痛みが発生します。

また、横隔膜の動きが悪いと必要以上に首や肩の筋肉に力が入ってしまい、
肩こりを悪化するという悪循環に陥ります。

そこで、今回は仕事の合間にできる
肩こり・腰痛解消呼吸法をご紹介します。

 

<方法>

① 姿勢を伸ばす
肩幅に脚を開いて立ち、しっかり空気を体に取り込めるように、背筋は伸ばします。

② 身体を脱力させて、体の中の全ての空気を出すように、口で息を吐く
12秒くらいかけてゆっくりと吐きます。
腹筋に力を入れて、お腹を少しずつへこませながら、息を吐き切るのがPOINTです。

③ 両腕を前から上げながら、鼻で息を吸い、お腹を膨らませる
鼻で深く息を吸います。(6秒程度)
吸った空気をお腹にためる気持ちで、腹筋を緩めてお腹を膨らませていきます。

④ 両腕を横から降ろしながらゆっくりと口で息を吐きながら、お腹をへこませる
また口で息をゆっくりと吐いて、少しずつお腹をへこませます。(12秒程度)

⑤ 10回ほど繰り返しましょう。

参考動画はコチラから

休憩時間にぜひお試しください。

日本ボディリズムマネジメント協会