ブログ

ブログ

肥満だけでなく、禁煙も幸福も伝染する!?

ハーバード大学のニコラス・A・クリスタキス教授が
2007年に発表した研究結果によると、

太った友達が身近にいると、
2~4年以内に自分自身も肥満になる確率が最大で171%に増加するそうです。

この肥満の伝染は、

一般的には肥満体質の人と親しければ親しいほど伝染しやすいようで、
同性の友人、兄弟・姉妹が特に影響力が強いとか。

ニコラス教授は
「恐らく近くにいる事で食生活などが知らず知らずのうちに影響を受け、
似通っていく事が元となっているのだろう」と述べています。

そして、
肥満だけでなく、禁煙も幸福も伝染するとも。

そうなると、
誰と一緒に時間を過ごすのか・・・
ということが大切と思ったのですが、

ニコラス教授のあるインタビュー記事を読んで、
ハッとしました。

「人と人とのつながりというネットワークが
自分にどれくらいためになるかばかりを考えるのではなく、

自分自身がいかにネットワークのためになることを考えるのが
一番良い」

良い影響力を与えること、
それには、他者や環境のせいにしないで、
自分で責任を持って選択することなんですね。

「7つの習慣」フランクリンコヴィー博士の長男である
スティーブン・M・R・コヴィー氏は、
自分を信頼することについて著書で次の通り述べています。

『自分を信頼できるようになるための要素として、
個人としての一貫性は非常に重要なものである。

我々の心に、他者の心にも信頼を呼び起こすような
自信と信頼を植えつけてくれるからだ。』

スティーブン・M・R・コヴィー
『信頼マネジメント ビジネスを加速させる最強エンジン』

周りに良い影響を与える人間になるためには、
信頼される行動を積み重ねていくことが大切なのでしょうね。

日本ボディリズムマネジメント協会
代表理事 藤田友佳子

・・・・・・

<参考図書>
つながり 社会的ネットワークの驚くべき力
ニコラス・A・クリスタキス (著), ジェイムズ・H・ファウラー (著), 鬼澤 忍 (翻訳)

『信頼マネジメント ビジネスを加速させる最強エンジン』
スティーブン・M・R・コヴィー

・・・

良い仲間と出会えると好評!
ボディリズム講座最新日程はこちらから
https://body-rhythm.jp/schedule/