ブログ

ブログ

信頼関係を築くための究極の方法

職場でもプライベートでも人間関係で最も大切なものは信頼関係です。
人から信頼される技術として「ペーシング」が有名ですが、その中でも呼吸を合わせることは究極のぺーシング

呼吸は目に見えないので、初級者にとってはとても難しいテクニックです。しかし、身体の動きにしっかり注目すると、呼吸も見えるようになってきます。

呼吸を合わせると相手と一体感が生まれ、信頼関係を築く最高の方法になります。

相手の呼吸に合わせる方法は、次の3つがあります。

 

1)肩

肩の動きがは呼吸と連動しています。
しっかり観察していると微妙な動きに気付けるようになってくるはずです。
その動きに合わせて呼吸をしてみてださい。
肩が大きく動いたり、早い呼吸になっている場合は、気持ちが落ち着いていない可能性が高いです。

 

2)お腹

厚着しているときはわかりづらいですし、相手のお腹をじっくり見ることはセクハラと思われてしますので注意が必要ですが、おなかの動きを観察すると相手が深い呼吸ができているかどうかが分かります。
お腹を動かして呼吸ができているというのは、腹式呼吸ができているということ。
一般的に落ち着いている状態と言えます。

 

3)口

人によって差がありますが、大変の方が息を吐く時は口を軽く開けます。
その動きに合わせて呼吸をしてみましょう。

もし、息を吸う時に口が開いている方がいたら、口呼吸になっているということ。

口呼吸は風邪をひきやすかったり、不調を抱えている可能性があります。

「最近体調どう?」等、さりげなく気遣う言葉をかけてあげると信頼関係が築けるかもしれません。

信頼関係を築きたい方がいたら、ぜひこの3つの方法を試してみてください。
最初は難しくても練習を重ねると上手に呼吸を合わせられるようになってきます。

アドラー心理学では、人間の悩みは、全て、対人関係の悩みであると言っています。

ぜひ呼吸を合わせる方法をマスターして、心地よい人間関係を作り、
より豊かな気持ちで日々を過ごせるように、しっかり活用していきましょう。

☆ココロとカラダを整える☆
日本ボディリズムマネジメント協会
代表理事 藤田友佳子