ブログ

ブログ

続けられない・・・習慣の壁を超える方法とは

変形性股関節症のリハビリのためジムに入会して1ヶ月。
最初に決めた目標「3日に1回」より早いペースで通っています。

 

過去に何度かジムに入会したことがあるのですが、
ほとんど1回か2回通っただけ。
その後は数か月幽霊会員状態に。

そのため、
私はジムに入会しても無駄・・
ジムは苦手・・と思いこんでいました。

ちなみに、
どんなジムでも登録している会員全員が毎日通って来たら、
定員オーバーでパンクするそうです。

それだけジム通いや運動習慣を継続できる人って
少ないようです。

継続できない一人だった私が続けられている理由を考えてみました。

1)変化を見える化

トレーニング後に毎回身体測定をしています。

過去の結果も折れ線グラフで分かるので、変化が一目瞭然。

もともと筋肉量が少なかった私は、
少しトレーニングしただけで数値に表れてきました。

「変化の見える化」がいかに大切なのかをつくづく実感しています。

筋肉量の増加とともに、
歩行時の痛みも軽減していることも楽しみの一つです。

2)中毒化

「ジムに行かなくちゃいけない」という気持ちが全くなくて、

「どんなに忙しくても時間を作ってジムに行きたい」と
ジム中毒になっています。

自宅から近いこともあり、
行きたいと思った時に、すぐ行くことができることは本当にラッキーです。

3)自分自身の変化

ボディリズム呼吸法を日々継続できていることは、
過去の私と変化があったということ。

今は自分の気持ち次第で、
何でも継続できるという自信があります。

特に「健康に良いこと」を習慣化するのは、
健康経営を推進している立場として当然という意識もあります。

つまり、
「続けられない・・・」という習慣の壁を超える方法とは、

・変化を見える化して
・中毒になるくらい好きになってしまうこと。

その結果、
何でも継続できる自分に変化し続けていけるようになるはず。

ぜひお試しくださいね。


ちなみに、
私が最近ハマっているのは、
33度の暗闇スタジオで行うヨガとピラティス。

ぼんやり見える程度の照明なので、
ポーズがちゃんとできなくても気にしなくて済みます。

マイペースで自分の世界に入ることができるから集中できるのです。

33度のスタジオで少し身体を動かすだけで、
ほどよく汗をかくことができるのも魅力的。

ジムに行った夜は確実にぐっすり眠ることができ、
睡眠の質が向上することをFITBITで証明済みです。

しかも、
身体のプロ、トレーナーの指導を聞いていると、
呼吸法の新しいエクササイズ案が浮かんできて、
ジムに行くと良いことづくしなんです。

というわけで、
今夜もこれからジムへ行ってきます(笑)

-・-・-・-・-・-

毎回バージョンアップしている「睡眠の質を変える」呼吸法セミナー
次回は4月18日に開催します。

4月18日(水)19時~20時30分@大手町SPACES
http://body-rhythm.jp/schedule/1714/

☆「目の疲れがとれる」呼吸法セミナーの受付を開始しました。
5月21日(水)19時~20時30分@大手町SPACES
https://www.facebook.com/events/319874435203652/