ブログ

ブログ

睡眠時間とBMIの関係

ドコモ・ヘルスケアが毎年恒例の「からだデータ」白書2018を発表しました。

「からだデータ」白書2018詳細はコチラから

「からだデータ」とは、460万人を超える会員が利用する健康プラットフォーム「WM(わたしムーヴ)」に蓄積されたデータとウェアラブル活動量計「ムーヴバンド3」ユーザーを対象に、2017年1月1日から12月31日までのヘルスケア・ビッグデータが集計・分析されています。

この白書によると、睡眠時間とBMIの関係が判明したということです。

そのデータがコチラ⇊

<調査概要>
調査主体 : ドコモ・ヘルスケア株式会社
調査期間 : 2017年1月1日~2017年12月31日
調査方法 : 「WM(わたしムーヴ)」に蓄積されたユーザーの「からだデータ」の集計・分析
調査対象 : 【運動、睡眠に関するデータ】「ムーヴバンド3」を利用している20代から70代の男女のうち28,591人
【血圧に関するデータ】血圧計を利用している20代から70代の男女のうち4,465人
【体重に関するデータ】体重計を利用している20代から70代の男女のうち92,895人

 

男性と女性で多少違いがありますが、
睡眠時間が「7時間」が最もBMI値が低いという結果になっています。

そして、睡眠時間が少なくても多くてもBMI値が高くなりますが、
特に睡眠時間が少ないとBMI値が非常に高くなっていることがわかります。

ダイエットしたいけど効果が出ないと悩んでいる人は、
まずは睡眠時間を30分で良いので増やしてみませんか?

-・-・-・-・-・-・-・-
☆睡眠の質を変える呼吸法体験セミナー☆

4月01日(日)10時~11時30分 日本橋
4月07日(土)10時~11時30分 日本橋
4月18日(水)19時~20時30分 SPACES大手町

詳細・お申込みはコチラから
https://body-rhythm.jp/schedule/

☆ココロとカラダを整える☆
日本ボディリズムマネジメント協会
藤田友佳子