ブログ

ブログ

「笑い」と呼吸の深い関係

先日、shiawase2.0シンポジウムに参加してきました。

 

国連が定めた国際幸福デーに合わせたとても素敵なイベント。

「マインドフルネス」「働き方改革」「AI」「ウェルビーイング」
「笑い」「シンプルに生きる」「愛」「家族」「太陽」・・
様々な角度で”幸せ”と向き合い、ワクワク一杯の時間を過ごしてきました。

特に日本ハグ協会会長 さとちゃんこと高木さと子さんと
幸福学の第一人者慶應義塾大学SDM研究科前野先生ご夫妻との対話リレーでは
愛溢れるエピソードに感動の涙。

さとちゃんとは久しぶりの再会で思いっきりハグしてもらいました。

実は右目が結膜下出血という残念な状態で参加していたのですが、
笑顔で目を細くしたら目立たないので、この満面の笑み。

数日前の朝、鏡を見たら目の出血に気付き、
思わず私がとった行動は、

一人で笑ってしまったこと。

このように想定外のことが起きた時、
つい自然に「アハハ」と声を出して笑ってしまったことはありませんか?

なぜ「笑い声」が出てしまうのでしょうか?

実は、
目の前の状況から他に他に向けさせて混乱状態を回避する役目もあるそうなんです。

そして、
もうひとつの役割は、混乱した人間の脳に対して早急に新鮮な酸素を送り込むこと。

「アハハ」と声を出して笑うことで、
想定外のことが起こって混乱している思考を一旦ストップ。

そして、声を出して笑うことで脳に酸素を送り込み、
素早く思考を戻して、状況打開方法を考えているのです。

このように想定外の時に笑い声を出すだけでなく、

トラブルが起こって辛い時、
不安がある時、
痛みがある時も同様の方法が使えます。

シチュエーションによって声を出して笑えない・・
そんな時は「呼吸」を意識してみましょう。

「なぜこんなことが起きたのだろう」

と過去の出来事を悔やんでいることがあったら、

一旦その思考をストップして
「呼吸」に集中してみてください。

マインドフルネスな状態になることができます。

マインドフルネスとは
「”今ここ”にただ集中している心のあり方」のこと。

きっと今よりさらに幸せな気持ちになることができますよ。

日本ボディリズムマネジメント協会
藤田友佳子

-・-・-・-・-・-・-・-・-

マインドフルネスな状態になれる近道
ボディリズム呼吸法セミナー最新日程はコチラから
https://body-rhythm.jp/schedule/