ブログ

ブログ

私の睡眠リズムを公開します!

こんばんは。
日本ボディリズムマネジメント協会代表理事の藤田友佳子です。

最近ハマっているのが、
毎朝起きたらすぐに睡眠の質をチェックすること。

Fitibit トラッカーをつけて眠ると睡眠が自動的に記録されて、
Fitbit アプリで睡眠時間や睡眠の質のデータを見ることができるのです。

睡眠には次の3つの周期があることをご存じでしたか?

・浅い睡眠
・深い睡眠
・レム睡眠

眠っている間、この3つの睡眠ステージを繰り返しているのですが、
自分自身では気づけないですよね。

なんとFitibt は 心拍計とセンサーによって
各睡眠ステージの時間と目覚めの時間を計測してくれるのです。
(FITBIT社以外の同様の機能がある商品もあります)

ここで注意することは、浅い睡眠が長いことが悪いわけではなく、
各睡眠のステージにはそれぞれ役割があることを知ることです。

本日は3つの睡眠と覚醒について基本情報をお伝えします。

浅い睡眠

浅い睡眠は睡眠時間の半分を占めることが一般的です。
浅い睡眠が良くないわけではありません。 記憶や学習の定着をするためには必要な眠りです。

深い睡眠

深い睡眠は、免疫システムや運動後の身体的回復を重要な役割を担っています。
この深い睡眠をとれていない方が増えているそうです。

レム睡眠

レム睡眠は深い睡眠から覚めた状態のときに起こります。
記憶の整理や固定をするために必要な眠りです。

覚醒

10 ~ 30 回の短時間の覚醒は、正常な睡眠サイクルの一部と言われています。
適度な寝返りは必要です。

私は、この4種類の睡眠リズムのバランスを毎朝チェックしているのですが、

先日、眠る前に呼吸法をした時と呼吸法をしなかった時で
どの程度違うのかと疑問を持ち、実験をしてみました。

その結果を特別に公開させていただきます。

呼吸法をした後の睡眠データ

 

眠ってすぐ深い睡眠に入っています。

この日は夜中に目が覚めてしまったのですが、
すぐまた眠りにつくことができました。

この日の睡眠時間は、私が理想としている「7時間30分」
睡眠サイクルも理想状態でした。

ちなみに、
私はよほど早起きをしないといけない日でない限り
目覚ましアラームをかけない主義です。

FITBITでは、
同姓同年代の睡眠データーと比較することができます。

このデータを見ると、私と同年齢の女性は
目覚めている時間がとても長いこと、
浅い睡眠が長く、深い睡眠が短い傾向であることが分かります。

では、呼吸法をしないで寝てしまった日はどのような呼吸法だったのか、、
衝撃のデータをお見せします(笑)

呼吸法をしないで寝た日の睡眠データ

この日は夜中まで仕事をして、倒れるように眠った日のデータです。

すぐに深い眠りに入ったのですが、一瞬だけ。

交感神経が優位になった状態だったようで、
すぐに目が覚めてしまっています。

浅い睡眠の時間や目覚めた状態の時間が長くなっています。

この日のデータは、
私と同年齢の女性のベンチマーク数値の範囲内。

つまり、
私にとって「睡眠の質」が低い状態と同じ睡眠をしている女性が多いということです。

今回の実験で、
たった3分寝る前に「ある呼吸法」をするだけで、
これほど違いが出るとは自分自身本当にビックリしました。

あなたの睡眠はいかがでしょうか?

睡眠の質の相談をしたい方は
体験セミナーにいらしてくださいね。

-*-*-*-*-*-*-*
<体験セミナー 東京>

02/03(土) 10:00~11:30
02/21(水) 19:00~20:30
03/03(土) 10:00~11:30
03/07(水) 19:00~20:30

受講料:5千円 ⇒3千円(税別)

※体験セミナー詳細はコチラ
http://body-rhythm.jp/course/#taiken