ブログ

ブログ

お正月太りが心配で食べたいものを我慢していませんか?

年末年始に美味しいものをたくさん食べる機会が多く、
体重やぽっこりお腹、やフェイスラインのたるみが気になる方が多いこの時期。

「お正月太り」を気にせず楽しく過ごしたい。
そんなあなたにおススメの生活習慣をご紹介します。

キーワードは「温め」と「循環」

1)呼吸法朝・昼・晩の習慣に

呼吸法は全身の循環をよくして、心身ともにリフレッシュできます。

呼吸法のタイミングは、

「朝起きてすぐ」

「日中のおやつを食べたくなる頃」

「お風呂上がりの就寝前」

の3回取り入れるのがおススメです。

朝起きてすぐの時間は、

脳や内臓など、体の様々な機能が活動を始める時間です。

夜中に浅くなっていた呼吸を意識して深くすることで、
酸素が全身に「循環」し、

身体が「温まり」各器官もスムーズに動き始めます。

寒いこの時期はお布団の中で呼吸法をしても効果があります。
ただし、目をしっかり開けて呼吸法をしてくださいね。
そうしないと、二度寝してしまいます(笑)

起きてから、
「朝一番のお白湯」も体の中からポカポカに温めてくれるのでお勧めです。

日中おやつを食べたくなる頃に呼吸法をすると、

おやつを食べたい!と思うということは、
交感神経が優位になっていて、身体がリラックスしたいということ。

お腹がすいているわけではなければ、
おやつを食べるかわりに呼吸法をしましょう。

仕事や家事、育児など朝から頑張って働いていた脳や体に、
酸素が届き血流が「循環」、身体が「温まる」ので、
心身ともにリフレッシュできます。

呼吸法をした後も、まだおやつが食べたいという時は、
我慢しないでお好きなものを食べてくださいね。

お風呂からあがった就寝前に呼吸法をすると、

「温まった」状態が続き気持ちがリラックス!
副交感神経が優位になることで快適な睡眠になりやすくなります。

お風呂から上がったら間接照明にして、
パソコンやスマホのスイッチをOFFするなど、
質の高い睡眠のための準備も大切。

読書は副交感神経が優位になるのでお勧めです。

以上 1日の中で3回1分だけでもいいので
呼吸法の時間を作りましょう。

私はこの方法で、
この年末年始はお正月太りしませんでした(^^)

正月太りが気になる季節だからこそ、
日頃の生活習慣を改善して「温め」と「循環」を意識して、
今年こそ理想の体型を手に入れませんか?

☆ココロとカラダを整える☆
日本ボディリズムマネジメント協会
藤田友佳子

最新講座情報はコチラから
https://body-rhythm.jp/schedule/