ブログ

ブログ

仕事の効率を上げたい時はチョコレート

おはようございます。
日本ボディリズムマネジメント協会代表理事の藤田友佳子です。

私は自他認めるチョコレート好き。

数日前に予想外の出来事があり、
普段は落ち着いている私も、さすがにジェットコースターのように感情が揺れ動いてしまい、
駆け込んだ先がGODIVA(笑)

このチョコレートドリンクを飲み終わる頃には、
すっかり気持ちが落ち着いていました。

チョコレートは気持ちをリラックスさせる効果が高いのです。

『できる人の脳が冴える30の習慣』(米山公啓著)によると、

緊張状態に置かれた人がチョコレートを食べると、
急激に交感神経の活動が低下して、
副交感神経の活動が上昇。

つまり、緊張がなくなり、リラックスした、
と症例が発表されています。

「チョコレート以外の甘いおやつはどうなの?」
と疑問に思われる方もいらっしゃると思います。

他のお菓子と比較してみた結果がコチラ。

チョコレートの方がビスケットや点線のキャンディに比べて、
副交感神経(リラックス)の活動を上げていることがわかります。

チョコレートの効果はスゴイですね!

交感神経が活性化すると緊張が高まります。
この状態が継続すると心身ともにストレス状態となってしまいます。

さらにストレス状態が続くと、
ストレスホルモンともいわれている副腎皮質ホルモンが分泌されて、
脳の記憶に関係する「海馬」と呼ばれる神経細胞を壊したり、
免疫力を低下させたりしてしまいます。

そのため、交感神経の緊張が続かないように、
早く低下させることが大切。

そうすることによって、
脳を早くリラックスさせることができます。

優位になった交感神経を鎮めようとするのは難しいので、
副交感神経を刺激すると、早くリラックス度をあげることができるのです。

その簡単な方法がチョコレートを食べること。

一気に交感神経の活動が低下して、
副交感神経の活動が活発になるのです。

ぜひ、心や体が疲れた~と思ったときは、
チョコレートを食べてリラックスしてくださいね。

もちろん、チョコレートドリンクを飲んだ後は、
ボディリズム呼吸法も行いましたよ。

ちなみに、おやつという言葉は「御八」

八ツ時(未の刻:現在の午後2時ごろ)に甘い物を食べて
眠気を乗り越えようとする習慣だったそうです。

おやつの時間にチョコレートとボディリズム呼吸法。
ぜひ習慣にしてみてくださいね。

☆ココロとカラダを整える☆
日本ボディリズムマネジメント協会
藤田友佳子

—————–

☆1月11日 サンクチュアリ出版イベント
自律神経バランスの測定方法もお伝えします
http://body-rhythm.jp/blog/1164/
※JBMA協会員特典あり。18歳以下無料です。

☆体験セミナー日程はコチラ
01/13(土) 【体験セミナー】東京
http://body-rhythm.jp/schedule/809/

01/17(水) 【体験セミナー】東京
http://body-rhythm.jp/schedule/1255/