ブログ

ブログ

受験生必見! 記憶力をアップする呼吸法の秘訣

こんばんは☆
日本ボディリズムマネジメント協会代表理事の藤田友佳子です。

4

 

勉強中のストレスを回避し、
集中力をつけて記憶力を向上させる方法の一つが
呼吸法

なぜ呼吸法が有効なのでしょうか。

その理由の一つが「姿勢」

椅子に長時間座っていると、

自然と前屈みの体勢になってしまい、
胸部を圧迫して呼吸が浅くなってしまいます。

脳は、
身体の他の部分よりも10倍酸素を必要とするといわれています。

つまり、
浅い呼吸をしていると、

必要な酸素が脳に送ることができず、

その結果、記憶力や思考力が低下してしまうのです。

また、

呼吸が浅くなると、
全身に酸素が行き渡らなくなり、
交感神経が優位になります。

その結果、ストレスホルモンが分泌されます。
脳の神経細胞を破壊して記憶力の低下を招いてしまいます。

反対に、
ストレスを先に感じた場合も、

筋肉の緊張から交感神経が優位となります。

その結果、呼吸が浅くなり、
同じ状態を引き起こしてしまうのです。

ここまでの説明で、
脳に酸素を送ることが大切
ということがお分かりいただけたことと思います。

酸素が大切といっても、
息を吸うことに一生懸命になるのではなく、
しっかり体内の空気を吐くことも大切です。

その理由は、息を吸い過ぎると、
血液中の二酸化炭素が減少して血液がアルカリ性になってしまいます。

すると、
めまいや手足が痺れる。。
という症状が起こる可能性があるのです。

特に不安や緊張を感じていると、
呼吸が浅くなるだけでなく、
呼吸のスピードが速くなってしまいます。

速い呼吸は、
息を吸い込み過ぎてしまうので、
注意が必要です。

そのため、
ゆっくり深く呼吸することが大切なのですが、
緊張している場面でなかなか難しいもの。

そんな時に有効なのが、
音楽のリズムに合わせるボディリズム呼吸法。

リズムに合わせることで、
ゆったりしたスピードで呼吸ができます。

また、音楽を聴くことが、呼吸法に集中できて、
雑念がなくなったり、退屈ではなく継続できる。
そんなメリットもあります。

そして、特徴的なのが、
リズムにピッタリと合わせた呼吸法によって、
脳波α波が出やすくなります。

脳波α波は、セロトニン神経が活性化しているということ。

つまり、
脳とカラダがスッキリ!
自律神経バランスが整い、
集中力がついて、記憶力も向上できるのです。

ボディリズム呼吸法を習得して、
希望の学校に入学し、夢を実現してくださいね☆

◆記憶力をアップ!セルフケアを学ぶBasic講座

Basic講座詳細:https://body-rhythm.jp/course/#basic

<東京>

​2018年01月12(金) 13:00~16:00
https://body-rhythm.jp/schedule/383/

​2018年01月20日(土) 10:00~13:00

08/11(土) 【ベーシック講座】東京 

2018年02月24日(土) 10:00~13:00
https://body-rhythm.jp/schedule/1439/

2018年03月17日(土) 10:00~13:00

09/22(土) 【ベーシック講座】東京

◆その他講座最新日程・申込みはコチラから
https://body-rhythm.jp/schedule/

☆ココロとカラダを整える☆
日本ボディリズムマネジメント協会
藤田友佳子