ブログ

ブログ

飲み会続きでも楽に体型を維持するコツ

こんばんは。
日本ボディリズムマネジメント協会 代表理事の藤田友佳子です。

2017年もあと1週間。

忘年会にクリスマスパーティ☆
12月に入ってから毎晩飲み会が続いている・・・
という方も多いのではないでしょうか?

飲み会は楽しいけれど、
気になるのが体重やぽっこりしたお腹。

せっかくオシャレなワンピースを着ても、
ぽっこりお腹が目立ってしまったり、

ベルトの上にお腹が乗っかっているのは
ちょっと残念。。

でも、

運動する時間なんてないし、
飲みの誘いも断れない。

この時期はダイエットするなんて無理……

と諦め気味の方。

我慢することなく、
楽しく食べて飲んで、
体重や体型を維持したい💕

そんな夢のような願いを叶える方法があるんです。

それは、
内臓を運動させること。

本日はなぜ内臓を動かすと

「飲み会続きでも楽に体型を維持することができるのか」

その理由と方法についてお伝えします!

 

◆内臓を運動させると体型を維持できる理由とは

「内臓を運動させる」と
「基礎代謝」を効率的に上げることができるため、
ダイエットに効果があります。

代謝には次の3種類があります。

1)基礎代謝
2)活動代謝
3)食事代謝

基礎代謝とは、
何もせずじっとしていても、
生命活動を維持するために消費するエネルギー

体温を一定に維持したり、
心臓など内臓を動かすためにもカロリーを消費しています。

一方、
活動代謝とは、
体を動かすことによって消費するエネルギー

食事代謝とは、
食後に食べた物を分解・消化・吸収するために消費されるエネルギーのこと。

この3種類の代謝の割合は、
なんと

「基礎代謝」 70%
「活動代謝」 20%
「食事代謝」 10%

この数字を見ると、
いかに基礎代謝を上げることが大切なのかわかります。

では、基礎代謝を上げる方法はどんなものがあるのでしょうか?

◆内臓を運動させて基礎代謝を上げる方法

体温の維持や心臓などの内臓を動かす「基礎代謝」

基本的には自分でコントロールすることが困難ですが、
「肺」は呼吸を意識することで自分で調整できる臓器です。

呼吸によって「肺」をコントロールすることによって、
横隔膜を動かすことができます。

そして、横隔膜が動くと、
腸のゼンドウ運動が活発化して、
内臓脂肪がエネルギーとして使われるようになるのです。

しかも、
基礎代謝カテゴリーの中で、
内臓は基礎代謝の中で4割も占めています。

ということで、
呼吸法によって内臓を運動させると基礎代謝が上がり、

食べて飲んでも、
体型を維持できるのです。

さらに、質の高い腹式呼吸法ができるようになると、
自律神経バランスが整い、
暴飲暴食の習慣もなくなってくるという良いこと尽くし。

頑張らないダイエット方法を探していた方、
ぜひお試しください♪

◆太らない体と習慣づくり!セルフケアを学ぶBasic講座

Basic講座詳細:https://body-rhythm.jp/course/#basic

<東京>

​2018年01月12(金) 13:00~16:00
https://body-rhythm.jp/schedule/383/

​2018年01月20日(土) 10:00~13:00

08/11(土) 【ベーシック講座】東京 

2018年02月24日(土) 10:00~13:00
https://body-rhythm.jp/schedule/1439/

2018年03月17日(土) 10:00~13:00

09/22(土) 【ベーシック講座】東京

◆その他講座最新日程・申込みはコチラから
https://body-rhythm.jp/schedule/

☆ココロとカラダを整える☆
日本ボディリズムマネジメント協会
藤田友佳子