ブログ

ブログ

いびきの原因は口呼吸!

こんばんは。

日本ボディリズムマネジメント協会代表理事の藤田友佳子です。

今年も残り10日。
忘年会シーズン真っ只中ですね。

連日飲み会が続いてお疲れのピークという方も多いのではないでしょうか。

お酒を飲んだ日は「いびき」がひどくなってしまう。。

そんなご相談が増えています。

いびきは、
簡単に治せるものではない・・・
というイメージがありますが、

耳鼻科の先生によると、
いびきの改善は睡眠中の呼吸法を変えるだけでできるそうです。

本日は、
飲酒が「いびき」につながる理由と対策についてお伝えします。

お酒を飲んで眠ると「いびき」をかきやすくなってしまう
原因として一番に挙げられるのが

アルコールによる筋肉の弛緩作用です。

お酒を飲むことによって、
舌やのどの筋肉が緩み、

鼻から喉にかけての空気の通り道(上気道)が
狭められてしまいます。

この狭くなった上気道に空気が通るために
いびきが生じるのです。

またお酒を飲むと、
体の血行が促進されるため鼻腔の血管も膨張します。

それによって、
鼻腔の粘膜が腫れたような状態になるため、
鼻づまりが起こりやすくなってしまうのです。

この鼻づまりが原因で気道が狭まるため、
いびきが発生しやすくなるという悪循環。。

 

即効性がある対策としては、

・睡眠中に鼻腔を広げてくれる市販のテープ

・口が開かないように上唇と下唇をふさぐ口閉じテープや絆創膏を貼る

こんな方法があります。

テープを貼ることは慣れるまで違和感があるかもしれませんが、
私の友人は効果があったと喜んでいました。

でも、
テープを顔に貼って眠るのは抵抗がある・・・
そんな方も多いと思います。

そんな方におススメなのは、
睡眠中だけでなく、
日ごろから呼吸法を意識すること。

え??それだけ?
と思われた方も多いと思いますが、

たかが呼吸、されど呼吸なのです。

呼吸は、
口ではなく鼻でするのが正しい方法です。

実は正しい方法で呼吸が出来ていない方が
とても多いのです。

鼻から息を吸う「鼻呼吸」を
普段から意識してくださいね。

 

鼻呼吸をすると苦しい・・・
正しい鼻呼吸ができているか分からない・・・

こんな方は
ぜひボディリズムベーシック講座にご参加ください。

口呼吸になっているかどうかがわかるチェックテスト、
鼻呼吸の正しい方法もお伝えしています。

◆口呼吸を改善!セルフケアを学ぶBasic講座

Basic講座詳細:https://body-rhythm.jp/course/#basic

<東京>

​2018年01月12(金) 13:00~16:00
https://body-rhythm.jp/schedule/383/

​2018年01月20日(土) 10:00~13:00

08/11(土) 【ベーシック講座】東京 

2018年02月24日(土) 10:00~13:00
https://body-rhythm.jp/schedule/1439/

2018年03月17日(土) 10:00~13:00

09/22(土) 【ベーシック講座】東京

講座最新日程・申込みはコチラから
https://body-rhythm.jp/schedule/

☆ココロとカラダを整える☆
日本ボディリズムマネジメント協会
藤田友佳子