ブログ

ブログ

記憶力が衰えていると感じていたら浅い呼吸が原因かもしれません

おはようございます。
日本ボディリズムマネジメント協会代表理事の藤田友佳子です。

先日受講した後藤日出夫先生の指導者養成講座
認定証が届きました。

「アルツハイマー型認知障害改善アドバイザー」
「アレルギー疾患改善アドバイザー」

脳は大量の酸素を消費する器官。

また、アレルギー発症の要因に、
口呼吸やストレスが関係しているなど、

呼吸法と密接に関係があるのです。

質の高いインプットとアウトプットのバランスを意識して
これからも謙虚な姿勢で学び続けていきます。

ところで、
あなたは記憶力に自信がありますか?

人の名前をすぐ忘れてしまう・・・
本の内容を覚えられない・・・
以前より記憶力が衰えている・・・

と感じているとしたら、
浅い呼吸になっているかもしれません。

記憶は、
脳の「海馬」が関連すると言われています。

「海馬」は脳の中心部(大脳辺縁部)にある
一対のタツノオトシゴのような形をした、
記憶や学習能力に関わる器官です。

鍛えれば鍛えるほど活性化し、
再生することもできますが、

使い方が悪いと、
ボロボロに壊れてしまうそうです。

「海馬」は成人後でも新しい神経細胞が作られ、
なんと30歳前半から飛躍的に発達するとか。

しかも「海馬」の再生には、
セロトニンが大きな役割を果たしているとのこと。

また、
脳への血流量を増やすと「海馬」の神経幹細胞が活性化し、
新たな神経細胞数が増加することが明らかになっています。

さらに、
アメリカのノースウェスタン大学Zelano博士のグループによると、

息を吸っている時のほうが、
息を吐いている時よりも、
正確に記憶していることがわかったり、

上記の傾向は、
「鼻呼吸」をしているときだけに現れ、
「口呼吸」では吐く息と吸う息での違いが見られなかったという
興味深い研究もあります。

ボディリズム呼吸法での効果検証はしていませんが、
記憶力の衰えが心配な方は、
脳に酸素を送るイメージで鼻呼吸をしてみてくださいね。

☆ココロとカラダを整える☆
日本ボディリズムマネジメント協会
藤田友佳子

▶2018年ボディリズム呼吸法講座募集を開始しました
満席になり次第受付終了します
 
 
▶健康に役立つ情報を配信しています
無料会員登録はコチラ