association

日本ボディリズム®マネジメント協会について

 

「脳ストレスが消え、心を落ち着かせる簡単な方法があったら…」そう思ったことはありませんか?

IT化が進み便利な世の中になる一方、呼吸が浅くなり、心身の不調を抱えている方が急増しています。「日常で無意識に行っている呼吸」は浅い呼吸。 意識した正しい「呼吸法」とは全く別物です。

数ある「呼吸法」の中でも、ボディリズム呼吸法は、呼吸法専用音楽のリズム✖呼吸筋を鍛えるストレッチ✖自律神経バランスを整える呼吸法 を組み合わせた大変効果が高いエクササイズです。

一番のポイントは、心地よいリズムに身体を委ねて、身体の力を緩めて、いまこの瞬間の呼吸をを意識することです。

ボディリズム呼吸法は、現在、多忙な経営者、ビジネスパーソン、看護師や介護士、理学療法士など医療介護従事者、子育て中の主婦や塾講師など教育関係者、そしてプロスポーツ選手等、様々な人達が日々の健康習慣として導入いただいています。

•心身健康で豊かな人生を送りたい
•心身を活性化して職場の生産性を上げたい
•集中力を発揮してベストな結果を出したい
•ソーシャルビジネスに関わり社会貢献したい

このようなお考えのあなたに、日本ボディリズムマネジメント協会は寄り添っていきます。

ボディリズム/BODYRHYTHM® は一般社団法人日本ボディリズム®マネジメント協会及び株式会社Tree of Heartの商標登録です。商標登録番号 5318074

設立 2016年2月2日
住所 東京都中央区銀座7丁目13番6号サガミビル2階
株式会社Tree of Heart内
代表 代表理事 藤田 友佳子
役員 名誉顧問 有田秀穂
(東邦大学医学部名誉教授・セロトニンDojo代表)
理  事 宮浦清 (ボディリズム呼吸法考案者)
顧問 大木祐二(田中彰寿法律事務所 弁護士)
牧 隆弘(牧WSEWORKS代表,経営コンサルタント)
白石 真樹(森林セラピスト、産業カウンセラー、CDAキャリアカウンセラー、診療放射線技師他)

代表理事 藤田 友佳子

ココロとカラダを整えるメンタルトレーナー
ボディリズム®呼吸法 マスタートレーナー

名古屋市生まれ
手術が必要だった気胸を「呼吸法」により完治させた経験をもつ。
その後、低血圧で眠りが浅く不眠傾向の時期が続いたが、ボディリズム®呼吸法を毎日実践したところ、血圧が安定し睡眠の質も改善。
メンタルトレーナーとして、現在までに延べ1万人のカウンセリング、コーチングを実施。
また、キャリアコンサルタントの経験を活かし、認定インストラクターの自己実現とキャリアプランの設計もサポートしている。

【資格】
国家資格キャリアコンサルタント
メンタルヘルス・マネジメント検定Ⅰ種・Ⅱ種
セロトニン・オキシトシン講座修了資格

【経歴】
・1986年~1989年 大阪商船三井船舶株式会社(現㈱ 商船三井)
・1997年~2000年 株式会社ラボ教育センター Labo Partyテューター
未就学児~中学生を対象に、音楽・絵本・演劇を通して自然に英語を話せるようになる教室(Labo Party)主宰。言語力だけでなく、考える力、想像力、表現力、協調性、思いやりを育て、子どもたちの未来を豊かにする教育を実践。
・2000年~2005年 株式会社リクルートFNX事業部 (現㈱ネクスウェイ)
・2006年~2014年 医療法人社団回心会人材開発部
高齢者が長期入院する医療療養型病院の人事担当管理者として勤務。
採用業務の他、職員メンタルヘルスケア及びコーチング、人事制度構築及び運用等、人事全般。
・2015年12月 株式会社Tree of Heart設立
・2016年2月 一般社団法人日本ボディリズム®マネジメント協会設立

代表理事メッセージはこちら

名誉顧問 有田 秀穂

1948年東京生まれ。
東京大学医学部卒業後、東海大学病院で臨床に、筑波大学基礎医学系で脳神経系の基礎研究に従事、その間、米国ニューヨーク州立大学に留学。
東邦大学医学部統合生理学で坐禅とセロトニン神経・前頭前野について研究、2013年に退職、名誉教授となる。各界から注目を集める「セロトニン研究」の第一人者。
メンタルヘルスケアをマネジメントするセロトニンDojoの代表。

「脳からストレスを消す技術」は20万部を越えるベストセラー。
主な著書に、「脳からストレスを消す技術」(サンマーク出版)、「ストレスすっきり!脳活習慣」(徳間書店)、「セロトニン欠乏脳」(NHK生活人新書)他著書50冊以上。「エチカの鏡」(フジテレビ)、「朝イチ」(NHK)などテレビ出演多数

宮浦さんの開発した「ボディリズム®」は、このセロトニンの活性化に必要となる呼吸とリズム運動をオリジナルの音楽を使ってエクササイズ化したもので、医学的検証の結果、セロトニンを持続的に活性化するものであることが分かりました。誰もが親しみやすく質の高い呼吸法が習得出来、人生の新しい可能性を引き出してくれる「ボディリズム®」は、繰り返し続けることの難しかった今までのメソッドの欠点を補った、新しいものであると言えるでしょう。

ボディリズム®呼吸法考案者 宮浦 清

ボディリズム®とは新しい呼吸法の考え方です。リズムにのって生活すると自分のリズムが生まれます。自分のリズムが出来て初めて他人のリズム、自然のリズムを感じられるようになります。

リズムの基本はセルフコンダクト。それはリズムを意識する自分自身を指揮(コントール)できるという考え方です。音楽とは、もともと鑑賞するだけのものではなく人生を後押ししエネルギーを引き出す生活の一つの手段でした。かけ声を掛け合う、息を合わせての共同作業これらは全て音楽がもともと持っている力なのです。

ボディリズム®呼吸法は新しい生活習慣を提案します。リズムの力を日常生活に応用してみませんか。

【宮浦 清プロフィール】

自由学園男子部、ICU教養学部卒。
1976年から1982年まで約5年間アメリカ、ボストンとベイエリア(カリフォルニア)に滞在。
音楽活動の代表作:ルパン三世「風魔一族の陰謀」サントラ、J-WAVEテーマ曲「AFTER THE RAIN」他2001年より音楽を使った体内エネルギーシステムとしての呼吸機能改善を研究。
音楽の特性を健康増進に活用する呼吸法を基本としたエクササイズメソッド「ボディリズム®」を体系化。
DENSO女子バレーチーム等の指導、三菱重工、NTTドコモ、国立国会図書館等多くの企業研修を担当

ボディリズム®呼吸法取材実績

・2006年 日刊ゲンダイ、日経WOMAN、J-WAVE、BAY-FM、LaLaTVなど掲載
・2009年 ポッドキャスト「人生をのせるリズムの法則」健康ランキングトップ
・2010年 スポーツ医科学研究会「フィールドケア21」にて発表
・2015年 「近未来医療における音楽の祭典」講演